PLANTALLの支援活動

誰もが、目の前で困っていたり悲しんでいたり、助けを求めている存在のことを知ってしまったら、心が苦しくなり、どうにかして手を差し伸べることができないだろうか?と考えると思います。

誰も望んでいない状況、

「足りないのは、愛情ではなくシステムである」

とPLANTALLは考えます。

そのシステムをゼロから人生をかけて作り上げてくださった団体さんを、PLANTALLのできることで支援したいと考えました。

人も、動物も幸せに生きる権利があります。

PLANTALLを応援してくださっている皆様の想いもしっかりと届けさせていただきますので、これからもこの活動を見守っていただけますと幸いです。

2021.4  PLANTALL創業者 白川

支援内容

・PLANTALL製品をご購入していただくことで、一部の収益を下記団体さんの支援に活用をさせていただきます。

・PLANTALLの製品を、ひとり親家庭で困っている子供たちの元へ贈らせていただきます。

※また、状況の変化によってはもっと踏み込んだ活動もしていくかと思います。随時、ご報告します。

支援先紹介

▶『オープン セサミ』熊本県

人の為に働いてきた馬たちの幸せな余生を育むファームサンクチュアリ Farm Animal Sanctuary(第二種動物取扱業者)。馬(horse rescue 引退馬や障害馬、虐待にあった馬)の他に、にわとり、猫、豚、ウサギ等を保護をしています。

HP https://k-open-sesame.com/
Instagram https://instagram.com/farm_sanctuary_opensesame

支援理由

競馬の馬たちが、人のために働いた後にまだ若い月齢でもほとんどが殺処分される現実を知りました。結果を残しても、種馬にさせられます。以前は、走ることが好きな動物なんだと思い込んでいましたが、本当は穏やかで芝生の上でごろんとしたりのんびりすることが好きな子たちなんだと知りました。鞭で叩かれ、子供のうちから親と引き離され尋常ではない筋肉づくりをさせられ、人の賭け事のために競争をさせられていることを知りました。

せめて屠殺や馬肉にするのではなく、引退した後に穏やかに余生を過ごせる場所があれば良いのになと思っていたところ、オープンセサミさんを知りました。大型動物の飼育やケア、環境整備にはたくさんの資金が必要となるので支援させていただくことにしました。


▶『Honey's Farm Sanctuary』岡山県

最後の最後に出荷される母豚や乳牛、奇形や著しい成長不良で淘汰される子、虐待や飼育放棄状態にある子。このような動物たちをハニーズファームサンクチュアリーに迎えています。残りの命が数ヶ月だとしても、代表Carr 香織さんご夫妻の元で最期までめいいっぱいの愛情を注いでくださっています。

日本には虐待されたり劣悪な環境で飼育されている家畜動物がたくさんいます。ボロボロに傷ついた彼らを迎え最期の時を幸せに過ごさせてあげるため「ファームサンクチュアリィ動物を守るための聖域」を立ち上げました。

HP https://honeysfarmsanctuary.com/
Instagram https://www.instagram.com/honeypig555

支援理由

家畜動物たちは、生まれてから過酷な状況で過ごし、最後に恐怖と痛みの中で屠殺されることを知りました。

「家畜」と呼ばれる動物たちと、「ペット」と言われる動物たちと何が違うのでしょうか。

私たちはなかなか日常で家畜動物たちと触れ合うことがなく、お肉として製品になった状態でしか目にすることがないため、想像ができませんが、どの子も感情があり、家族を愛し、喜びも悲しみも感じる子たちです。

外に出たことも新鮮な空気を吸うこともできなかった、この子達に少しでも希望の光を見せてあげるお手伝いができればと考えています。


▶『特定非営利活動法人 せいじゅん たすけあい こども食堂』奈良県

こども食堂は、ひとり親家庭やお子さんのいるご家庭で貧困等でお困りの方を支援する団体です。食事のご提供のみに留まらず、地域における「とまり木」として、こどもたちの「遊び場の提供」や「学習の機会」、更には「親子での団らんやくつろぎの場のご提供」、「地域の方々との語らいの機会」、「人と人のつながりを育てる場の提供」などを目指して、こども食堂(昼の部)に加え、ママカフェ「Mommy's Cafe」、野外活動の一環として遠足、「こども服 おさがり交換会(無料)」など、様々な事業へと展開しておられます。

HP https://www.seijyuntasukeai.com/

支援理由

PLANTALL創業者の白川も5歳の女の子をもつシングルマザーで苦労を経験してきたため、同じような境遇の親御さん、お子さんへ少しでも力になりたいと微力ながら支援をさせていただくことにしました。白川自身が「モンテッソーリ教育」を学ぶ中で、幼少期の環境がその子の人生に大きな影響を与えることも知りました。環境とは「人・物」です。一時的な支援だけではもちろん一時の喜びを感じるだけになるかもしれません。それでも、そのことが思い出になったり、大人になっても心に残る温かい時間となれたら嬉しいなと思います。

支援実績

約束します:活動や実績を誠実に全てご報告させていただきます。


2021年4月

・オープンセサミ→ 40,000円

・ハニーズファームサンクチュアリィ→ 30,000円

合計 支援金:70,000円


Thank you!

日常のお買い物で支援へ

BACK TO TOP